プレスリリース
No. 020
2010年11月12日
株式会社エンティスの「デジタルテロッパ」が2ちゃんねるに対応
ファームウェアアップデートにより、ニコニコ実況に加えて2ちゃんねるの書き込みも
フルHD映像にリアルタイム表示が可能に

最新のデジタルAVコンテンツ配信ソリューションとコンポーネントを提供する株式会社エンティス(本社:東京都中央区・代表取締役社長:花田友章、URL:http://www.entis.co.jp/)は、インターネット経由で取得した文字情報をフルHDのTV画像にリアルタイムに重ね合わせて表示できるネットワークライブテロッパー「デジタルテロッパ EN-NL1068」(好評発売中※)が、巨大掲示板「2ちゃんねる」の書き込みの表示に対応したことを発表いたします。

※実勢価格14,000円前後(2010年11月現在、当社調べ)

 
EN-NL1068本体
高解像度版
<EN-NL1068本体写真>
EN-NL1068での画面表示イメージ
高解像度版
<EN-NL1068での画面表示イメージ>
 

今回、インターネット経由の情報をリアルタイムでデジタルテレビ放送に重ねて表示することができる「デジタルテロッパ EN-NL1068」に、2ちゃんねるの書き込みを画面上に表示する機能を追加しました。
これにより、すでに対応している「ニコニコ実況」に加えて、2ちゃんねるの実況板にも対応することで、地上波デジタルテレビ放送だけでなく、BS放送やCS放送、ケーブルテレビなどの番組でも、インターネットを介して同じ番組を皆で楽しむことができるようになりました。また、実況板以外の選択も可能ですので、放送内容に関係なく、チェックしているスレッドの話題や速報ニュースなどの書き込みをタイムリーにテレビ画面で確認することもできます。

設定は、ホームネットワーク上のパソコンのブラウザでデジタルテロッパの管理画面から行います。リモコンの任意のチャンネルに「2ちゃんねる」設定し、さらにプルダウンから2ちゃんねるの「板」を選択することで、該当する「板」の最新スレッドの書き込みを画面に表示することができるようになります。※

※最新の5つのスレッドから選択可能

 
EN-NL1068での画面表示イメージ
高解像度版
<EN-NL1068の管理画面からのチャンネル設定イメージ※>
※画面は開発時点のものです
 
<アップデートについて>
2ちゃんねる対応の追加は、ファームウェアのアップデートによって提供されます。新しいファームウェアは無償でダウンロードでき、アップデート作業はホームネットワーク上のパソコンのブラウザでデジタルテロッパの管理画面から行います。
<デモ展示>
「デジタルテロッパ EN-NL1068」は、あきばお~零、エックス外神田店、T-ZONE PC DIY SHOP、浜田電機 PC USEFUL(いずれも東京・秋葉原)、BEST DO!(大阪・日本橋)の各店舗にて店頭デモを実施しており、実際にご覧頂けます。デモ実施店舗は順次拡大する予定です。
<今後のサービス追加及びカスタマイズに関して>
エンティスでは今後も「デジタルテロッパ EN-NL1068」のTwitterやRSSなどの文字を中心としたインターネットのコミュニケーションサービスへの対応を順次予定しております。
また、任意の文字情報をデジタルテロッパに送り込むことで自由に情報を表示出来る「ユーザー入力」機能を活用したアプリケーションやサンプルプログラムがユーザーの手によって開発され、公開され始めています。こうしたムーブメントを後押しするために、情報交換のためのフォーラムサイト(http://forum.digitaltelopper.com/)を開設しており、さらにカスタマイズ性を向上させるパラメータの公開も予定しております。
 
2ちゃんねるについて

「2ちゃんねる」は、月間ユニークユーザー数が1,170万人(2008年11月時点、ネットレイティングス調べ)を誇る世界最大級の電子掲示板サイトです。非常に幅広い話題をカバーしており、カテゴリーごとに分類された数百の「板」と呼ばれる電子掲示板から構成され、各「板」ごとに数十~数百の「スレ」と呼ばれるスレッドが存在し、スレッドに書き込むことで盛んな情報交換やコミュニケーションが行われています。

 

【今後の展開】
インターネット経由で取得した文字情報をデジタルテレビ放送の映像に重ね合わせることができるデジタルテロッパは、コンシューマ向けに留まらず、デジタルサイネージなどの業務用用途、地方自治体やNPOなどによる独自文字放送などの展開もサポートしていきます。

 
※本文書で述べられた製品および社名はそれぞれの所有者の商標または登録商標です。